原因から予防法まで~鼻づまり対策の知識おまとめサイト

原因から予防法まで~鼻づまり対策の知識おまとめサイト

鼻づまり対策はまず原因を知ることから!お茶を用いた予防法も紹介

HOME » 鼻づまりからくる怖い病気 » 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

近年になって危険視されている睡眠時無呼吸症候群が起こる原因と、鼻炎の有効成分を含むお茶で予防・改善が期待できる理由を解説しています。

睡眠時無呼吸症候群と鼻づまりの関係

就寝時に鼻づまりが起こりやすい

鼻づまりは鼻の粘膜が腫れて、鼻腔が塞がれることが原因で起こります。そして、鼻づまりは夜間、特に就寝時に悪化する傾向にあります。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、これらがバランスよく働くことで身体機能が正常に保たれます。就寝時には副交感神経が優位になり、血管が拡張し、鼻の粘膜が腫れやすくなります。

そして、鼻粘膜が腫れると鼻づまり、くしゃみ、呼吸困難を起こすようになり、眠りの質も低下します。

また、鼻がつまると鼻呼吸を続けることが困難になり、無意識のうちに口呼吸をするようになります。

口呼吸は、のどの炎症や口臭の原因となるばかりではなく、さまざまな病気を引き起こすことになります。

睡眠時無呼吸症候群は肥満だけが原因ではなかった

鼻づまりが原因で呼吸障害を起こすことがありますが、睡眠時無呼吸症候群はその代表です。

睡眠時無呼吸症候群になると、就寝中に大きないびきと10秒以上にわたる無呼吸を30回以上繰り返します。そして、無呼吸になると体内に酸素を取り込めなくなるため、眠りが浅くなったり、無意識のうちに目覚めたりするため、睡眠の質も著しく低下します。

その結果、日中激しい眠気に襲われ、仕事や家事に支障をきたすようになります。また、睡眠時無呼吸症候群は脳疾患や心臓病など重篤な病気を引き起こすこともあります。

睡眠時無呼吸症候群は肥満が原因であると言われていますが、鼻づまりが引き金になることもありますので、鼻づまり対策をすることも辞大切です。

鼻づまりを解消するには、鼻づまり解消効果のある成分が配合されたお茶などを飲んで、リラックスすることをおすすめします。鼻づまりを解消することで、質の高い睡眠がとれるようになるでしょう。

鼻づまりを予防できるお茶で睡眠時無呼吸症候群の対策を

 
原因から予防法まで~鼻づまり対策の知識おまとめサイト